山室木工株式会社  

わたしたちが主に使用している材料は世界でも優良材として認められている貴重な北海道産のミズナラ(どんぐりの木)です。 北海道産のミズナラ材の特長は冬期間雪に覆われることで風や寒さから保護され材が傷まなくまた雪による保温効果によって適度な柔らかさを持つ材に成長します。 このような材が育成されるのは北海道の自然環境がもたらすことによるものです。同じミズナラでも寒さが厳しい地方で育ったナラ材は成長も遅くそのため木目が非常に詰まっており重たく硬い木となります。
北海道の森林面積は総面積の約7割といわれています。他県では類がないほど木に恵まれた暮らしをしています。 私たちは創業以来北海道で育ったミズナラを北海道民として森林を元気にしふるさとを元気にする「地材地消」を行っています。

木には水分が含まれています。材料によって堅さ・柔らかさが違うため水分量にも違いがでます。また材料の外側と中側でも違います。そこで、水分量を均一化する温度・湿度の微調整をする工程が必要になります。毎日水分量を計測し、狂いの少ない最適な状態で加工の工程へとつなげていきます。

完成品をイメージしながら、いかに木目が通るように作業するかで製品の良し悪しが決まります。 材料も1枚1枚人間と同じように個性があり、微妙に色や硬さも違ったりするので、それらを1つの完成品にするには材料を見る目利きと見立てが必要です。

全ての映像はこちら >>