山室木工株式会社  

襖絵でも器でも本物は人を惹きつける素晴らしい力を持っています。その力に負けない家具にするためには、手仕事から生み出される強さが必要だと思います。
また、家具の基本構造を全ての商品で「框組構造」という昔ながらの手間のかかる構造で製作しております。それも先人からの教えを大切にしてきた温故創新の精神でもあります。
わたしたちは手技が息づく家具づくりとして、機械と手が絶妙に絡み合い「旭川家具」という家具産地としての誇りをもって、日々取り組んでいます。

最新の機械や先人からの技術を駆使しながら時代に応じた様々な部材を作り上げていきます。常に考え、変革をすることで作業効率や家具の良し悪しを決める重要な工程で、0.1mm以下の精度を要求される一瞬の気も抜けない作業です。

先程でも触れた通り、家具本体の基本構造が「框組構造」のため基本的には釘を1本も使わないで組立作業をします。基本部材がほとんどの部分で無垢材のためただ単純に組み立てるだけでは、後々狂いが生じます。正しい形づくりは木の癖をしっかりと読まなければなりません。

全ての映像はこちら >>